スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】科学者たちの奇妙な日常 松下洋子

内容は、博士号をとるために必要となる論文に、

どのような種類があるのか?

どのように学会にのぞめばよいのか?

ということを作者の視点で書かれています。

そのなかで、博士号の位置づけ(企業、大学・国内、国外)の違いや、

ポスドクの大量発生をどうすべきか?

など、役所が目をつむっている問題について言及しています。

一番のポイントは、研究の楽しさ、博士号をとるとは?

問題発見力他が必要であることを述べており、

博士号を目指す人には、良い読み物になるのではないでしょうか?

 
スポンサーサイト

テーマ : こんな本を読んだ - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
プロフィール

yasbook

Author:yasbook
一般の読書ベタなエンジニアが、本を読んだ感想とメモを記載していきます。書き方は下手ですが、自分の記憶と皆さんのメモになればよいかと思います。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。