スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場力の教科書



== amazon内容紹介より ==
内容紹介
学生満足度No1、白熱講義の書籍化第二弾! 本書は『経営戦略の教科書』に続く、人気授業「組織のオペレーション」を元に書籍化。 「オペレーション」という言葉は、機械などの「操作」「運転」、 あるいは作戦の「実行」などと訳されるように意味するところは広く、業界によって もニュアンスは異なる。しかし、全てに共通しているのは「オペレーション」を 担うのは「現場」だということ。どんなに優れた経営戦略を立てても「オペレーション」、 すなわち戦略の実行を担う「現場」が弱ければ意味がない。戦略と実行は一体だという認識が不可欠だ。 本書は計18回の講義で構成され、毎回、具体的な企業の「現場」を 取り上げながら「現場力」の本質に迫る! 〈BR〉 遠藤功(えんどういさお) 早稲田大学ビジネススクール教授。株式会社ローランド・ベルガー日本法人会長。早稲田大学商学部卒業。米国ボストンカレッジ経営学修士(MBA)。三菱電機株式会社、米系戦略コンサルティング会社を経て、現職。カラーズ・ビジネス・カレッジ学長。中国・長江商学院客員教授。株式会社良品計画社外取締役。著書は『経営戦略の教科書』(光文社新書)、『ビジネスマンの基礎知識としてのMBA入門』(共著、日経BP社)、『現場力を鍛える』『見える化』(以上、東洋経済新報社)、『課長力』(朝日新聞出版)など多数。
===

この本を読んで思ったのは、

経営層と現場の方々との関係が整理されているな、

ということ。

理想的な関係は、経営判断と現場の絶え間ない努力、

努力は継続が必要で、

継続させるためには、チームはコンパクトかつ組織的な活動にしたほうがよい。

だいたいそんな感じの内容ですが、

各社の取組みがまとめられているので、

様々な企業、分野のことを知るためによかったです。




スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
プロフィール

yasbook

Author:yasbook
一般の読書ベタなエンジニアが、本を読んだ感想とメモを記載していきます。書き方は下手ですが、自分の記憶と皆さんのメモになればよいかと思います。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。