スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳井正 一勝九敗




ユニクロ、ファーストリテーリング社長の柳井さんが、ユニクロブランドを立ち上げるまでの話が書かれています。

父親から受け継いだ衣料品店をユニクロとして大きく展開する過程に、

自分自身が商売人から経営者へと変化していく心情、環境を綴っています。

印象的なシーンは、株式公開の前後の話。

日本の税制は、売上が上がると税金が大きくなるだけでなく、

前年度の売上に応じて翌年の税金を早めに収めなければならないということ。

急成長する企業のことを考慮されていないとのことですが、

現段階ではこの仕組みはどうなっているのでしょうか?

大企業がゆっくりと歩み、世界と戦うという考え方は勝ちを掴むことが難しく、

急成長する若い企業を育てる仕組みを作る必要があると感じました。

そうでなければ、柳井さんのように猛烈なベンチャー魂がないと、

挫折する人が多いのではないかと思います。

日本の大学と米国の大学のように、入学するときの難しさをとるか、卒業するときの難しさをとるか、

という違いに似ていて、

入り口は入りやすくすることで、良い意味で「化ける企業」をつくる仕組みがだいじなかもしれないという印象。

韓国は政府が企業の見方、米国はVCが起業家の見方、日本は???

柳井さんと同じことはできないかとおもいますが、

日本でも10回に1回の勝利でも成功を収めることができるという例を見ることで、

企業の内外、あるいは研究分野で成功を収めるように心の持ち方を考えることが

必要かもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
プロフィール

yasbook

Author:yasbook
一般の読書ベタなエンジニアが、本を読んだ感想とメモを記載していきます。書き方は下手ですが、自分の記憶と皆さんのメモになればよいかと思います。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。